興信所と探偵事務所の違うところ

興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。でも、違いをあげるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。探偵の仕事は依頼された調査を行えばそれだけでいい訳ではありません。不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。

その時、どれだけ依頼者のことを一番最初に考えてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。探偵が信用できるか否かは、どのような対応をしてくるのかなどで落ち着いて決めてください。どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増えているようです。とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。

ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を見ることができると思います。自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。
探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人に関する情報を安易に知らせたくないというのは人として正しい反応だと思います。初回相談(見積り)までは詳細な個人情報は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。
ただ、仕事として依頼する際は契約や詳細説明は必須ですから、ある程度の個人情報が知られることは避けられないでしょう。
本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

許しがたい不貞行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりスマホ(携帯電話)でしょう。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いはこれといってないと思って良いでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。

不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
ただ、ある程度、得意不得意などもおのおのの会社で違ってくるので、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。
不倫調査を頼む際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことは欠かせません。
浮気をやめさせるだけにとどめておくか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかを区別して、伝えておく必要があります。

その希望次第で調査員の仕事内容も変わるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。探偵に依頼される案件のほとんどは、身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、ニーズに応じた調査を行います。とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、はっきりとした裏付けをとるためにも専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。

真正面からスパッと訊いてみましょう。大抵の人間はウソをつくとき、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。
ちょっと質問しただけなのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。

不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

つまり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。きちんと裏をとっておけば、気の済むまで締めあげてやるまでです。

面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、ろくな結果にはならないでしょう。

探偵を雇って行う素行(不倫)調査は、出来高制を採用している場合もあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合は断るときもあるそうです。また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、思ってもみなかった額を請求されるケースも多いみたいですから注意が必要です。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。
あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。
浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。
そのようなことで解消するとは思えませんし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。
冷静になって悔やんでも始まりません。いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。
探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため策定されたのです。

常に相手が警戒している場合、不倫の証拠を自分で見つけることは、至難の業です。
ただ、証拠というのは重要です。
もしあれば、離婚してもしなくても、話を有利に進める材料になります。これは浮気しているなと気づいたら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。多少出費はかさみますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。
それに、依頼する調査の内容次第で支払い額が変わってきます。

もっとも依頼の多い追跡調査ですら、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。期間、季節、時間帯などによっても費用は変わりますが、調査を行う時間が長ければ、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。

私は31歳の自営業者です。

2年前に結婚した妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。
つい最近、むこうの不倫が判明しました。
バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。

謝罪の言葉もなにもありませんでした。頭がパニックです。
彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。このままなかったことにするつもりなら、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、けして安くはありません。

パートナーがどういう態度をとってくるかによって変わってくるとは思いますが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。

不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、今後の生活を送ることになります。

夫の浮気が心配で調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも結構ありますね。
素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。
顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。

でも、今は違います。

インターネットが普及し、劣悪な業者かどうかもブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、ただ高いだけのところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。

費用と実績がうまく合致したところであれば、あとで後悔することもないでしょう。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に頼めば得になるかと言えばそうとも言えないケースもままあります。
条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、料金の支払いをしなくてよいので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。
ですから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用したいと思っている人もいるのです。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。別れる決心がついている場合は、取っていい行動といえるかもしれないです。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費としては調査の際にかかった交通費とか写真撮影にかかる費用などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。
時間給は、人数×時間で計算した費用です。短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。
ほんとに離婚してもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。
けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので、避けたいところです。

信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

そんな仕事を例に、プロの仕事をおさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、まず、ターゲットの尾行をします。

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、ここぞという日時に限定して追跡し、浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。
配偶者が不倫していたことが原因で離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となる場合もあります。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当事者のみではもつれがちなことでも、スムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。

気軽に考えていくのがいいでしょう。

素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行うこともあります。行動追尾や張り込みは言うまでもなく、交友関係を絞っていき、必要があれば周囲に聞き込みなどを行って精度をあげるようにします。また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるのは事実です。興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、もっとも気にかかる問題でしょう。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積もりなしに契約することはないので安心です。信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、いきなり向こうの会社に行くのではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで会ってもらえば話もしやすいでしょう。

契約の強要といった事態から身を守るための手段です。成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だった場合、3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功となってしまうのです。

実際のところは不明確であっても、調査中に浮気が見つけられなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。調査対象に内密に移動を共にし、依頼人の求める証拠を見つける調査です。悟られることがまずないとはいえ、探偵は調査対象者の行動をある程度、先読みして予測しなければいけません。予想しえないことに備えて動くのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。